内部リンクを作成して見やすくする

ホームページの構成で内部リンクは重要

ホームページを作るときに全ての情報をトップページに載せてしまうと、情報が多すぎることがあります。情報が多すぎると、閲覧者が欲しい情報を探せないということが起こり得ます。そうなってしまうと、情報が見つけられないページとして、認識されることになるでしょう。そこで重要になるのがホームページの内部リンクです。内部リンクを張って別に詳細なページを作ることで、トップページが情報過多になることを防げます。また、内部リンクがあると、様々な角度からの情報を提供することができます。情報を分類して、悩みごとに情報を提供するようにすると閲覧者は見やすい情報になるでしょう。ただし、細かく分類しすぎると逆に見にくくなるので注意が必要です。

内部リンクで見やすくなる

内部リンクを作ることで、トップページには見出しや情報の要約だけを載せることになります。そうなると、詳細ページは内部リンク先とすることができるので、トップページは見やすいページになります。この内部リンクがなければ、全ての情報をトップページに載せることになるでしょう。それでは何が言いたいのかわからないページになりかねません。また、内部リンクの使い方は文字にリンクを埋め込むことだけではないのです。イラストや絵の情報の詳細を内部リンク先で説明することができます。イラストに内部リンク先を埋め込むことで、イラストの詳しい説明を内部リンク先ですることができるのです。ただし、その場合には内部リンク先があるという示唆を、ページ内でしておくと閲覧者には分かりやすいでしょう。

ホームページ作成を初心者がするなら、予算設定が必要です。低予算の場合はHTMLの入力や無料ソフトの利用。予算に余裕があるなら、CMS(サイトの構築システム)の使用や業者へ依頼などの作成方法があります。